2010年02月04日

漫才ネタ 「プリウスのブレーキ問題」


信介弘史
はい、どうもこんばんは。華美鳥で〜す。

弘史
売り上げ好調のトヨタ「プリウス」のブレーキに問題がでています。
低速で運転中に、ブレーキがきかなくなることがあるらしいです。
詳しいことは、まだ解明中ですが。

信介
ブレーキがきかなくなるって、漫画の世界だよな。

弘史
確かに、そういう話はよくあるよね。

信介
ブレーキがきかないせいで、売り上げにブレーキがかかるのか?

弘史
ややこしい言い方しなくていいよ!
でも、ただでさえ円高の影響で、輸出産業はきびしいですからね。
ここにきて、安全性に問題があるとなると、売れ行きが不安ですね。

信介
円高だとかドル安だとか、わけわかんないな。

弘史
プリウスは低燃費のハイブリッド車で、環境にいいことでも人気なんですけどね。

信介
車が売れないほうが、環境にはいいけどな。

弘史
そんなこと言うなよ!

信介
事故も減るし。

弘史
いや、仕事が減って、生活に困る人も出てくるんだから。

信介
まさに、火の車。

弘史
くだらないよ!

信介
まさに、日野自動車。

弘史
会社名は関係ないだろ!
トヨタの子会社だけど。

信介
ん?
もともとは子会社じゃなかっただろ?

弘史
トヨタが、日野自動車の株の過半数を取得しましたからね。

信介
普通の会社が「子会社」に変わるとは、まさにアンチエイジング。

弘史
若返ったわけじゃないだろ!

信介
子供店長が社長だな。

弘史
まぎらわしいよ!

信介
今度は孫会社を目指してる。

弘史
目指すわけないだろ!

信介
つくる車もベビーカー。

弘史
うるさいよ!

信介
オレは「愛人会社」がほしいな。

弘史
そんなものねぇよ!

信介
じゃ「高級外車」。

弘史
会社じゃなくなってるじゃねぇかよ!
しかし、トヨタ自動車といえば、世界最大の自動車会社ですよ。
企業としては日本最大で、利益が1兆円を超えてましたからね。

信介
額がでかすぎて、想像つかねぇな。

弘史
100万円の札束が厚さ1センチだとすると、1兆円では1万メートル。チョモランマよりも高い。

信介
そんなに札束つくったら、紙資源のムダ遣いだな。

弘史
そんなにムダではないよ。

信介
やっぱりハイブリッド車は環境に悪い。

弘史
そんなわけないだろ!
最近はリチウム電池の開発がすすんで、電気自動車も売り出されています。
だんだんと環境にいい車に切り替わってきてるんです。

信介
じゃあ、どんどん進化して、もっと環境にいい電気すら使わない車ができるかもな。

弘史
そうだね。

信介
人力車とか。

弘史
退化してるじゃねぇかよ!

信介
じゃ風車。

弘史
人が乗れないだろ!

信介
じゃ口車。

弘史
誰も乗りたがらないよ!
いいかげんにしろ。






posted by 華美鳥(ハナミドリ) at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。